豊胸術後のケアが重要!ケアが楽な豊胸術はどれ?

豊胸術の種類について

胸を大きくする豊胸術には大きく分けて、次の3種類があります。それは、「シリコンバッグ豊胸術」、「脂肪注入豊胸術」、「ヒアルロン酸注入豊胸術」です。シリコンバッグ豊胸術は、1回の施術でサイズを大きくできるのが特徴で、半永久的に持続を期待できる方法です。しかし、シリコンバッグが劣化する可能性もあり、レントゲンには写ってしまいます。脂肪注入豊胸術は、自分の脂肪を抽出して、バストに注入する方法です。脂肪を吸引するので、部分痩せが期待できます。また、レントゲンにも写らず、自然な仕上がりです。定着した分は半永久的に持続でき、体内に吸収された分があっても、追加で注入することが可能です。しかし、痩せている人は、その注入する脂肪が足りません。ヒアルロン酸注入豊胸術は、持続期間は1~3年と期限は決まっていますが、メスを入れる必要がない豊胸術で、感触も柔らかく自然な仕上がりを期待できます。

豊胸後のケアについて

豊胸は、大きくした胸の状態を維持するためにも、術後のケアがとても重要になってきます。シリコンバッグ豊胸術は、異物を体の中に入れるため、その拒絶反応からシリコンバッグを押し出そうとする拘縮という現象が起こることがあります。術後は、激しい運動を避けて安静にして、抜糸後には十分なマッサージが必要です。術後の2週間位は、ブラジャーは外して過ごす必要もあります。脂肪注入豊胸術は、脂肪が定着するまで、2~3週間の安静が必要です。脂肪の石灰化を避けるために、これも十分なマッサージが不可欠です。ヒアルロン酸注入豊胸術は、期間限定な代わりに面倒なマッサージがいりません。術後のケアが必要ないので、とても楽でお手軽な豊胸術です。